発毛剤と言えばこの商品でしょう

ドラッグストアへ行くと、様々な髪に良い成分を含んだ商品が販売されています。

 

それらをよく見てみてください。

 

その殆どは「育毛」と明記されているはずです。

 

そうです。

 

ドラッグストアにある商品の多くは、育毛成分の含まれている商品なのです。

 

育毛とは読んで字のごとく、髪の毛を育むためのものです。

 

ゼロから一を生み出すわけではなく、一を二や三にしていくものが育毛剤なのです。

 

この部分は誤解されないようにしてください。

 

それでは発毛剤となると、ドラッグストアには置かれていないのでしょうか。

 

実はあるのです。

 

しかも「発毛」という文言の使用を許されている数少ない商品が。

 

それこそが、CMでもお馴染みの大正製薬社で発売されているリアップです。

 

リアップにはミノキシジルという成分が含まれており、これが世界的にも認められている発毛効果を発揮してくれるわけですね。

 

色々な髪に良いとされる商品がありますが、このミノキシジルが含まれているのは日本ではリアップだけなんですよね。

 

元々は血管拡張のために生み出されたミノキシジルですが、色々な臨床試験の結果、発毛成分があることが判明して発毛剤として転用されることになったわけです。

 

怪我の功名と言いますでしょうか、世の中何がどう転ぶのか分からないものですよね。

 

発毛剤の使用と環境の改善

 

近年は育毛剤の中にも様々な成分が含有されるようになっており、ビタミン類やミネラル成分など食事などで補給する必要があった栄養素が育毛剤に含まれるようになりました。

 

ただし、育毛剤を使うということは頭皮に塗布する事になります。

 

皮膚から栄養分が吸収される可能性は低いため、食事で補給出来る栄養素に関しては育毛剤の中にある程度含有していたとしても、しっかりと食事の中に取り入れて行く必要があります。

 

それと同じように、タンパク質の要素となるアミノ酸が大量に含有している育毛剤を使うよりも、これらのアミノ酸が補給出来る食材を探す事が重要になります。

 

そのあたりを考慮していくと、育毛剤を使うよりも発毛効果を最大限に高めることができる、発毛剤を使うようにします。

 

そして、ミネラル分やアミノ酸、そしてビタミン類に関しては食事で補給する習慣に切り替えるか、育毛サプリを使うようにします。

 

育毛サプリも最近人気が出てきているので様々なタイプが販売されるようになってきました。

 

主要な亜鉛をはじめとしてノコギリヤシなどの有効成分が配合されている質の良いタイプを選ぶことが有効となります。

 

これらの育毛対策を総合的にやっていくことにより、薄毛の環境を改善していくことができるはずです。